血糖コントロールで選ぶべき飲み物

血糖コントロールで選ぶべき飲み物

血糖値

 

喫茶店やカフェ以外でも友人のお宅に招かれた時、コーヒーもしくは紅茶のうちから選ばなければなりません。
緑茶やジュースから選ぶこともあるかもしれませんが、血糖コントロールを念頭に置いた場合には何を選べば良いのでしょうか?

 

コーヒーという選択

ブラックにしろ砂糖入りにしろコーヒーと社会人は切り離せません。そもそも多忙な現代人が覚醒するために飲まれてきたコーヒーですが、コーヒーは血糖値を下げる作用があります。クロロゲン酢酸というポリフェノールには、強い高酸化力が期待できます。含有成分「クロロゲン酢酸」が糖の代謝にアプローチして血糖値の上昇を抑えます。

 

やっぱり緑茶

日本人にとっての健康茶といえば緑茶です。緑茶にはカテキンが含有され、抗酸化力による老化予防やガン予防に効果的とも言われてきました。
そのカテキンは、血糖値においては消化酵素への作用から、消化に時間を要するという意味で血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。さらなる恩恵は、脂肪吸収のスピードも同様の穏やかなものへなるために、肥満予防にも期待できます。

 

玄米茶の魅力

夏になると飲むことも多い玄米茶。玄米茶の成分にはカテキンの作用のほかにも、オリザノール、ギャバ、というものがあります。
オリザノールは、ポリフェノールの一種として血糖値の抑制、悪玉コレステロールの減少、動脈硬化の予防と成人病の原因となる作用にアプローチします。
さらに巷でも良く聞かれるようになったギャバですが、アミノ酸であるギャバは、血糖値をコントロールする作用が期待できる上に、中性脂肪の増殖も抑制、アドレナリンも抑えます。

 

以上の3種類すべてに血糖コントロールの要素が含まれています。カフェインは利尿作用や覚醒作用もあることから、その都度都合の良い飲み物を選んでみましょう。

 

そして、最後に注目されているものでバナジウムやシリカが含まれた天然水です。
これらが血糖値に良いと言われていて海外の研究でもそういった結果が出ていたりします。

 

ここで大事なのが天然水選びで天然水によってこれらの含有量は違うので商品選びが大切です。
お茶にしても良いですし料理に使っても良いですからおすすめです。

 

こちらのおすすめバナジウム天然水比較を参考にしてみてください。